O-hara_uscpa_reputation fee campaign_002
スポンサーリンク

USCPAキャリア戦略へようこそ

USCPAの予備校選びって本当に疲れますよね。
時間もエネルギーも使うし、1日や1週間では決めきれない!という方が大半だと思います。

 

私の同僚もUSCPAを受験しようか迷っていてかれこれ1年近く経とうとしています。
でも正直言うと、それも無理はないと思います。
USCPA受験はお金がかかるというイメージが定着しているのも、受験の意思を踏み留まらせている大きな原因の一つなのです。

 

とはいえ、このまま頭の中で願望を膨らませているだけではあなたの将来は何も変わることはありません。
そのまま日々の忙しさにかまけ決断を先延ばししていると、定年を迎える頃になってきっとこうぼやくに違いありません。
「あのときUSCPAに受かっていたら今頃どんな人生だっただろうか」と。

  • 特別なスキルも持たず、今の給料にしがみつき、リストラに怯える日々
  • 時間はあっても貯金はわずかでやりたいことができない定年後の人生
  • 知人、友人の輝かしい成功に内心嫉妬しつつ、「本当はこんなはずじゃなかった。」とただただ後悔を口ずさむ毎日

 

ここに一つの有名な格言があります。

難しいからやろうとしないのではなく、やろうとしないから難しいのだ。
ルキウス・アンナエウス・セネカ ローマ帝国の政治家、哲学者、詩人

 

セネカ?誰それ・・、知らない。
思わずツッコミを入れたくなるような名前はさておき、彼が言いたいことはあなたにも分かることと思います。
そう、多くの人は自分の頭の中だけで難しい「だろう」と決めつけているだけなのです。
実にもったいないことです。

 

想像してみてください。
念願のUSCPAに合格し、感極まって全身が震えているときの自分を。
そして、USCPA合格後、あなたのやりたかった仕事をやりきった時の自分を。
あなたなら、当時の迷っている自分にどんな言葉を投げかけるでしょうか?

 

「USCPAは想像以上に大変だった。でもね、悪くない人生だったよ。」
険しい道の先に掴んだ、幸せで充実しきった人生をあなたも歩んでみたくはありませんか?

 

人はやる気さえ出ればなんだって出来てしまいそうな気分になれるものです。
そして、人間、欲が出てくるものです。
今あなたがもっとも関心のあるUSCPA予備校選びの場合でしたら

  • 実績のあるテキストで効率よくUSCPAに合格したい
  • USCPA出願料、受験料も別途かかる試験だし、予備校の費用はできるだけ抑えたい
  • 知名度のある予備校で安心して勉強したい

もし、そんなあなたのわがまま?いや理想を叶えてくれるUSCPA予備校があればぜひ受講してみたいと思いませんか?
それが、大原です。

 

大原は、受講者の88%が初回受験に合格するRogerテキストを使用し、大手予備校の中でも最安値で受講でき、日本を代表する簿記専門学校としての安心感をもって学べる唯一のUSCPA予備校です。
アビタスやTACにはない魅力を兼ね備えた大原の魅力に迫ります。
あなたに損をさせることのないよう割引、キャンペーンといったお得な情報もお伝えしますね。

 

 

大原のメリット:USCPA予備校検討者が知っておきたい3つのこと

受講生の88%が初回合格を果たしているRogerテキスト

o-hara_uscpa_lecture_004

大原のUSCPA講座のRogerテキスト

 

米国のプレスリリースによると、Roger CPA Reviewを受講した受験生の88%が初回のUSCPA試験で合格したと発表しています。

o-hara_uscpa_lecture_010

USCPA予備校のRoger CPA Reviewは、88%の学生がCPA試験の初回受験に合格したと発表。サンフランシスコ、2013年5月16日PRNewswire

 

Roger CPA Reviewは、20年以上の指導実績をもつRoger Philipp講師によるUSCPA予備校です。
彼が作成するテキストと魂のこもったUSCPA愛あふれる講義は業界でも一目おかれ、数々の合格者を送り出してきた名物講師でもあります。

o-hara_uscpa_lecture_002

Roger講師と大原講師陣

 

USCPAの科目合格者の平均合格率は約50%
この50%という数値にはいろいろとカラクリもあり、英語が母国語でない日本人の合格率はさらに差し引いて考えなければいけません。
しかし、それでもRogerテキスト利用者が一般的な受験生よりも高い合格率を誇っていることは特筆すべきことです。

o-hara_uscpa_lecture_012

大原のUSCPA講座のRogerテキスト

 

大原はこのRoger CPA Reviewと提携しています。
つまり、高い合格率を叩き出しているテキストで学ぶことができるのです。
USCPA受験者としては信頼のおけるテキストで安心しますよね。

o-hara_uscpa_lecture_001

資格の大原と米国屈指のUSCPA予備校Rogerがタイアップ

 

もちろん、最初から日本人がそのまま英語のテキストや講義動画で学ぼうとするとハードルが高いかもしれません。
そこで大原では、日本人講師による日本語解説動画を全編収録しています。
英語テキストを補足する日本語レジュメも用意されています。
これら大原のテキスト、講義動画を視聴したあと、Roger講師作成の英語テキスト及び英語による動画講義を視聴することでUSCPA試験に有利なインプットができるのです。

 

優秀なのはテキストや講義動画だけではありません。
合格に直結する5,000問を超えるオンライン上の問題演習では、何度も間違う問題等に絞って解いたり、これまでの合格者のスコアと自分のスコアを比較して、今あなたが合格圏内に達しているかどうか判断する機能もついています。
基本的に一人黙々とUSCPAの問題に向かう不安な日々において、合格者と自分のレベルを相対的、客観的に知ることであとどれくらい勉強すればよいのかバロメーターのような機能があるのは心強いですね。
このスマートパスという機能がついているのはRogerだけ、つまり大原のUSCPA講座のみです。

o-hara_uscpa_lecture_005

大原のUSCPA講座は英語と日本語のハイブリッド講義

 

大原の受講費用は単位取得料金込みでお得、さらに割引も適用可

o-hara_uscpa_lecture_003

大原USCPA講座 Webコース受講の流れ

 

大原を選ぶもうひとつの魅力が、単位取得費用も含めた受講費用のリーズナブルさです。
例えば、あなたが将来ライセンスまで取得したいのであれば、ワシントン州のライセンス申請が候補としてあげられます。
ワシントン州の出願及びライセンス要件は会計24単位、ビジネス24単位の合計48単位が必要です。※その他諸条件あります。

 

仮にあなたが会計およびビジネスの単位すべてをゼロから取得すると、最も高いTACで823,200円(税込)かかります。
一方、大原は一部追加で単位取得費用を払ったとしても587,000円(税込)です。
つまり、最大236,300円もの差がつくのです。

 

これだけでも十分お得なのですが、さらに大原には各種割引、キャンペーンが用意されています。
たとえば、あなたが日商簿記2級、あるいはTOEIC730点以上をもっていたら「資格合格者割引」として、受講料から10%OFFとなります。
セミナーに参加した場合はキャンペーンとして入学金6,000円も追加で免除になります。
ライセンスに必要な48単位すべて取得しても割引、キャンペーンを利用した受講費用総額は、535,700円です。
一定条件を満たす社会人の方は教育訓練給付制度を利用して受講費用の20%給付を選択することもできます。

 

大原はRogerという優秀なテキストが利用できるにもかかわらず、価格破壊ともいえる料金設定を打ち出しているのです。
※金額については変更の可能性もあるため、大原の資料請求で送られてくるパンフレットをご確認ください。

 

大原は日本有数の簿記専門学校で自習室も使い放題

あなたが今まで簿記に興味、関心のある方でしたら、大原の簿記講座受講を一度は検討したかもしれません。
もしくは実際に受講したよという方もいらっしゃることでしょう。
母体となる大原学園は東京水道橋に1957年に創立された日本有数の歴史ある学校法人で、創立後60年以上にわたって運営されています。

o-hara_uscpa_lecture_011

大原簿記学校 水道橋校

 

水道橋に訪れると、大原の城下町といっても過言でないほど、そこかしこにトレードマークであるあの大原の朱色の校舎に出くわします。
大手予備校として多くの受講生が共に学んでいる安心感は、受験の不安でいっぱいのあなたには心強い心の支えとなるでしょう。

 

大原の大きなメリットとして自習室があげられます。
大原の校舎は全校に28箇所あります。
USCPA講座申込み時に発行される大原の受講証さえ携えていけば、全国どこでも学習環境の整った自習室を利用することができます。
自宅だとつい誘惑にかられてサボりがちになってしまうという方にとって、自習室という強制的に学習できる環境を手に入れられることは大きな魅力です。
自習室を有効活用するとUSCPA合格にグッと近づくことができます。

 

これまで大原のメリットについてみてきましたが、すべてが完璧というUSCPA予備校は存在しません。
なにかを得れば、なにかを失うトレードオフの世の中でもあります。
大原のデメリットにも事前にしっかり目を向けておきましょう。

 

大原のデメリット:USCPA予備校検討者が知っておきたい3つのこと

ライブ講義が聴けず、Webもしくは個別視聴ブース利用のみ

USCPAの講義はライブで受講したいという方にとって、大原なベストな選択ではないかもしれません。
なぜなら、大原のUSCPA講義はWeb視聴、もしくは大原の個別視聴ブースのみだからです。
個別視聴ブースを利用する場合、事前の予約が必要で日本語の講義のみが視聴できます。
受講費用をリーズナブルに抑えるかわりにこういったところで人件費や固定費の削減をしているのかもしれません。

 

しかし、生の講義が聴けないからといって大原のUSCPA講義そのものが劣っているわけではありません。
むしろ、Webコース受講者が大半を占める大原では、インターネット環境があればどこでも視聴できる動画講義に力を入れています。
短期合格者の多くが活用しているスピード再生機能や、インデックス、スキップ機能など高い利便性は受講者の中でも評判です。

o-hara_uscpa_lecture_006

大原のUSCPA講座の講義動画(日本語)

 

英語テキストがメイン、日本語レジュメはサブ

大原のUSCPA講座はRogerという米国の有名予備校のテキスト及び講座をメインとした構成となっています。
Rogerのテキスト及び動画はすべて英語です。
大原の日本語講座はそのRogerテキスト及び動画をサポートする位置づけです。
英語と日本語のハイブリッド講義で、テキスト及び演習問題のボリュームは英語7に対して日本語3程度です。
そのため日本語テキストは冊子というよりも、レジュメのような簡潔なものとなっています。
人によっては日本語レジュメでは物足りないという方もいるかもしれません。

 

ただし、大原のUSCPA合格者の中には、逆に簡潔にまとめられたレジュメベースのほうが忘れては覚えるという反復練習が必須なUSCPA受験勉強においてはむしろ効果的だったという声もありました。
USCPA試験が英語の試験である以上、日本語は最低限の要点理解に徹し、メインは英語のテキスト及び講義で試験本番の環境に慣れてもらうという配慮があるのかもしれませんね。

o-hara_uscpa_lecture_007

大原のUSCPA講座の講義動画(英語)

 

英語の講義動画に日本語の字幕が利用できない

英語に自信がない方にとって、Rogerの英語による講義動画は慣れるまで大変かもしれません。
残念なのは日本語の字幕が利用できないことです。
受講生の理解を促すという点では、日本語、英語切り替えができるとさらに効果的かもしれないと感じました。

 

ただし、Roger講師の英語の講義動画は、スピード再生機能、付箋、ノート、テキスト表示、マーカー、キーワード検索といった便利な機能がたくさんあるため、リスニングが苦手な人であっても有効活用することで十分理解できるでしょう。
Roger講師のまるでショーを見ているかのような抑揚のある解説も記憶の定着に大いに役立ちます。

o-hara_uscpa_lecture_008

大原のUSCPA講座のRoger講師の講義動画

 

次章では、大原のリーズナブルな受講費用、キャンペーン情報、強み・弱みなどを詳細にまとめています。
あなたがアビタスやTACといった他の予備校を検討しているとしても、一度は目を通しておいて損はありませんよ。

 

スポンサーリンク

USCPA予備校検討者が知りたい大原の詳細まとめ

大原受講検討者が押さえておきたい予備校の概要、受講料、講義・テキスト、サポート体制、キャンペーン情報、強み・弱みを詳細にまとめています。

大原の概要

o-hara_uscpa_title_011
※全2ページ(31項目)あります。「次へ」を押してください。

項目大原の内容
入学金+受講料(税込)459,000円~480,000円
講義時間288時間
講義回数96回
受講時間/回3時間 *スピード再生可
教材オリジナル(日本語/英語)+Roger
テキスト形態冊子(レジュメ)/オンライン
最大取得単位数(会計)18単位
最大取得単位数(ビジネス)6単位
単位取得費用込み
単位認定試験マークシート方式(自宅)
サポート期間1年半 *受験サポートのみ2年半
受講形態eラーニング/eラーニング+通学
*全国28校舎で日本語授業視聴可
eラーニング受講形態スマホ/タブレット/PC
校舎全国28校舎 *個別ブース利用
おすすめ出願州ワシントン州/アラスカ州/グアム
無料単位診断サービス
単位取得大学大原学校法人の単位
*出願時には学歴審査要
転職支援サービス
キャリアイベント
海外へ教材発送
受講検討手段資料請求/セミナー/個別カウンセリング/体験講義/電話
自習室可 (全国の大原校舎)
ライセンスサポート
累計合格者数不明
受験手続きサポート
学習の質問回答メール
割引制度
教育訓練給付制度利用可(最大10万円支給)
申込み方法Web/各校窓口/郵送/大学生協
支払い方法現金/J-debit/銀行振込/コンビニ決済/クレジットカード/ローン
クレジットカードVISA/MasterCard/MUFG/DC/UFJ/NICOS

 

大原の受講費用

o-hara_uscpa_title_012

項目大原の内容
コース名フルパックコース
入学金6,000円
受講料(英文会計)込み
受講料(USCPAコース)453,000円
会計24単位32,000円
ビジネス24単位96,000円
諸費用-
総額587,000円
最安校(大原)との差額0円
教育訓練給付制度利用可(最大10万円支給)
キャンペーン

 

大原の講義・テキスト

o-hara_uscpa_title_013

項目大原の内容
講義時間288時間
講義回数96回
受講時間/回3時間 *スピード再生可
教材オリジナル(日本語/英語)/Rogerテキスト
テキスト形態冊子(レジュメ)/オンライン
特徴1大原の講師による日本語講義と、定評あるRoger講師による英語講義で理解が深まりやすい。
特徴2メインは英語テキスト、サブに日本語レジュメ。日本語で要点が整理できる。
特徴3英語の講義は5~25分程度。ユニット化されており、秀逸な解説を英語で聞くことができる。
特徴45,000問以上の4択問題やシミュレーション問題で、本試験と同様の問題を解くことができる。
特徴5日本語講義はスピード再生機能が豊富で学習の効率化に役立つ。
一口コメント・定評あるRoger講義とテキストが利用できることは心強い。
・ネイティブの講義を受講することで、合格後の実践的な英語力向上に役立つ。

 

大原の受験サポート

o-hara_uscpa_title_014

項目大原の内容
サポート期間1年半無料 再受講制度あり(有料)
*受験サポートのみ2年半
学習の質問回答メール
受講生専用サイト不明
自習室利用
1年半 *自習室は全国の大原校舎利用可
校舎全国28校舎 個別ブースにて視聴
マンツーマン学習カウンセリング
受験手続きサポート
ライセンス取得手続きサポート
合格体験談・交流会
転職支援サービス
キャリアイベント
その他ライセンス取得はNASBA(全米州政府会計委員会)の公式承認サービス利用(有料)

 

大原の割引・キャンペーン

o-hara_uscpa_title_015

大原の内容
資格合格者割引
10%OFF
・公認会計士試験合格者
・税理士簿記論or財務諸表論合格者
・中小企業診断士
・日商簿記2級、1級
・全経簿記上級
・BATIC320点以上
・TOEIC730点以上
簿記ネクスト割引
5%OFF
・大原簿記講座受講者
セミナー特典クーポン

 

大原の特徴、強み・弱み

o-hara_uscpa_title_016

項目大原の内容
特徴1人気教材Rogerの講師による英語授業+日本語講義(日英3:7)
特徴2会計18単位、ビジネス6単位が追加費用不要で取得可
特徴3英語の講義は1ユニット5~25分程度。定評ある英語解説
特徴4講義のスピード再生など便利な機能が充実
特徴5全国の大原校舎自習室が利用可
強み1受講料は、会計18単位、ビジネス6単位までなら4校中、もっともリーズナブル。
強み2米国で多くの合格者を輩出しているRoger講師の講義を英語で視聴可
強み3全国にある大原校舎の自習室が利用可能で、万全な学習環境
弱み1日本語テキストが他社と比較し若干手薄
弱み2英語の講義がメインのため、一定の英語力が必要
弱み3他校と比較し、実績が少ない
一言でいうと、どんな人に向いている?・リーズナブルに単位取得し、定評あるRoger教材で学びたい方
・個別ブース、自習室を利用したい方

 

ここまで大原の詳細をみてきました。
大原はリーズナブルな受講費用やRogerテキスト、全国のある大原の自習室が利用できるなど魅力満載ですが、アビタスやTACと比べると受講生は少なめです。
受講の意思決定については慎重を期すため、第三者の口コミや評判も参考にしておきたいところです。

 

大原の口コミ、評判

実際に大原を検討している方、もしくは大原受講生のツイッター情報をまとめました。
生の声を聞くとよりリアルにイメージでき、モチベーションも高まりますよね。
簿記専門学校だけあり、大原で公認会計士や簿記を勉強したあとUSCPA講座を受講する方もいます。
やはり、単位試験込みのリーズナブルな受講費用はUSCPA予備校の決定要因となっているようですね。

 

o-hara_uscpa_twitter_012
o-hara_uscpa_twitter_013
o-hara_uscpa_twitter_014
o-hara_uscpa_twitter_015
o-hara_uscpa_twitter_016
o-hara_uscpa_twitter_017

 

まとめ

o-hara_uscpa_lecture_013

大原のUSCPAセミナー資料

 

いきつくところ、USCPA予備校の費用とは自分への「投資」なんだと思います。
投資である以上、戦略的に実行しなければなりません。
受講生の88%が初回受験でパスするというRogerテキスト、その講座が単位取得費用込みで他校よりもリーズナブルに受講できること、そして大原という大手予備校で学べるというメリットは見逃せません。

 

大原のUSCPA講座受講という投資実行により、くすぶっている今の仕事を激変させ、定年後も十分な貯金を蓄えて心身豊かに暮らすチャンスが何倍にも膨れあがるのです。
USCPAには無限の可能性があります。
あなたはその無限のチャンスを目の前にしてもなおUSCPAへの投資を拒み続けることができますか?

 

合格の先にあるあなたの思い描く輝かしい理想の生き方、生活を大原で手に入れてください。
あなたの将来を決める最初の一歩は大原の資料請求から始まります。
今この瞬間に行動することで、あなたの将来は大きく変わるといっても過言ではないと思います。

 

追伸:

リストラも定年後の心配もすることなく、プロフェッショナルかつビジネスエリートとしての人生をあなたも歩んでみませんか?
たとえ今、あなたが会社でくすぶっていたり、専門性や付加価値が感じられない仕事に就いているとしても、グローパスパスポートともいえるUSCPAを手にすることであなたの人生は大きく変わることでしょう。

 

大原では、USCPA受験者の平均以上の合格率を叩き出すRogerテキスト、キャンペーンも利用でき他校とも比べてもお得な受講費用、大手簿記専門学校としての信頼感があなたのUSCPA受験生活を強力にバックアップします。

 

大原でUSCPA合格を手に入れましょう!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事