forties-professional-carrier_003
スポンサーリンク

40代のプロフェッショナルにとって働く環境は人生を左右します。
働く環境を間違えると人生の中でもっともバリバリ輝ける時期を失うことになります。
特にプロフェッショナルキャリアを築いてきたあなたにとって「転職失敗」というリスクは避けたいはず。
不安や迷いを断ち切り、40代プロフェッショナル転職を成功させるコツをお伝えします。

 

40代の転職は不安と恐怖との闘い

20代、30代は自分の生き方、働き方で悩む時期です。
不安を覚えつつも自分の望む生き方、働き方に巡り会った時の可能性に賭ける気持ちのほうが大きく一歩を踏み出しやすいものです。

 

一方、40代にとって転職は不安と恐怖との闘いです。
40代ともなれば、社会人経験を15年、あるいは20年以上も積んでいます。
今まで築いてきたプロフェッショナルキャリアは本当に新しい職場で活かせるのか、職場メンバーとうまくやっていけるのか不安な気持ちでいっぱいになります。

 

40代を充実させるポイントは働く環境にあり

40代をどこで働くかによってあなたの残りの人生は変わります。
恐ろしいほど激変します。
あなたは真面目でコツコツ働いてきたことでしょう。
しかし、会社はあなたが望んでいるような正当な評価をしていないと感じているかもしれません。
会社は人がつくる組織である以上、上司とウマがあうかどうかは大事なポイントです。
仕事に充実感が得られるかどうかの別れ道でもあります。

 

あなたが40代であれば、すでにあなたに対する会社の評価は決まっていると考えるのが妥当でしょう。
厳しいことを言うかもしれませんが、今の職場で評価されていない人が残りのサラリーマン人生で大逆転するチャンスは宝くじで1等を当てるようなものです。
多くのしがらみに囚われ、身動きできないというのが現実ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

「すでに40代」、しかし見方を変えれば「まだ40代」

40代サラリーマンのあなたは、まだ残り20年から30年近くも働かなければなりません。
40代というターニングポイントには到達しましたが、まだこれから折り返しの長いサラリーマン人生が待っています。
20代、30代は仕事を覚えることで精一杯、変化も多くそれなりに刺激に満ちた人生だったかもしれません。

 

40代、50代は違います。
多くのサラリーマンは今まで積み上げてきた延長線上の仕事を黙々とこなす日々が待っています。
40代、50代ともなれば課長や部長といった肩書きがつき、組織、人をマネジメントする醍醐味が味わえると声をあげる方がいるかもしれません。
しかし、今の時代、課長や部長まで上り詰められる人はほんのわずかです。
管理職のポストをつかむことなくサラリーマン人生を終えるほうが大多数です。

 

入社間もないころは一緒に飲み歩いていた同期も、役職に差がつきはじめると嫉妬や悔しさから以前のように腹の割ったつきあいは難しくなるかもしれません。
それでもあなたはストレスを抱えたまま今の会社にしがみつき、同期が大活躍しているなか影をひそめて働き続けるのでしょうか?
働く環境を変えることであなたの人生は180度変わります。

 

40代プロフェッショナルは今こそ挑戦すべき

自分の生き方を模索せず、流されるがままに働いてきた40代のサラリーマンでしたら転職はおすすめしません。
転職には「志」が必要だからです。自分の思う「志」なくして転職成功はありえません。
しかし、現状に不満を感じていてなんとか変わりたいと節に願う40代サラリーマンにはチャンスがあります。
そのような向上心のあるサラリーマンほどプロフェッショナルキャリアを持ち合わせていることが多いものです。
冷静に現状を受け止め、どうすれば現状を打破できるか考え悩んでいる人には多かれ少なかれ自分の思う「志」があります。

 

この記事を読んでいただいているということは、あなたはなんとか現状を変えたいともがいているのではありませんか。
あなたはもう今の環境に留まるべき人ではないかもしれません。
新たにチャレンジすることで息を吹き返すことができます。

 

転職は最もリスクの低いチャレンジ

いきなり転職はハードルが高すぎるなんて思い込んでいませんか。
転職未経験の方、あるいはもう何年、何十年も転職していない方にとって40代の転職は足がすくみがちかもしれません。
しかし、本来転職はリスクではありません。

 

リスクの定義はリターンの振れ幅の大きさを示します。
転職でいうならば年収、職務内容、年間休日、勤務地、職場環境などについて、現職と将来の就職先との変化の振れ幅と考えられるでしょう。
あなたが転職で叶えたい項目が何であるか明確にし、そこが満たされる転職が実現できるのであれば、それはあなたにとって「転職成功」を意味します。

 

あなたにとってリスクだと感じたらその求人には応募せずに今の会社に居続け、理想の求人が出るまで待ち続けることもできます。
あなた自身でリスクをコントロールできるのであれば、それは世間一般で言われているようなリスクとは呼べませんよね。

 

転職エージェントが提供する非公開求人が狙い目

プロフェッショナルキャリアを築いてきた40代のあなたは、数打てばあたるような転職活動ではなく、狙いを定めたポジションをつかみ取るやり方が適しています。
企業が40代プロフェッショナル転職志望者に求める人物像は自社の課題を解決してくれる人です。

 

企業が抱えている課題はさまざまです。
社内に高度な専門スキルを持っている人がいなくて困っている、新規プロジェクトリーダーを任せられる人がいない、海外経験豊富な人材がいないなどです。
有名企業に在籍していたとか肩書きを求めているわけではありません。
あなたが磨いてきたプロフェッショナルスキルを活かして組織をよりよい方向に導く役割を担っているのです。

 

ただし、ピンポイントであなたのプロフェッショナルスキルを必要としている企業に巡り会うのは至難の業です。
高度なプロフェッショナルスキルを必要としているポジションは社内でも重要ポジションであることが多く、誰でもインターネットで求人情報にアクセスできる状態にはありません。
いわゆる「非公開求人」です。

 

40代成功の秘訣は優秀なキャリアドバイザーが鍵を握る

40代プロフェッショナルキャリアのあなたが狙うべきは「非公開求人」です。
非公開求人は一定の応募条件を満たした転職志望者以外には公開されません。
そのため、一般公開の求人と比較して求人倍率は低くなるものの、応募する転職者はあなたと同じハイスペックキャリアの持ち主です。

 

求人に応募し、書類選考を通過したあとはいかに効果的に企業の採用責任者にアピールできるかが鍵を握っています。
最終面接を終えて誰が受かってもおかしくない状況では、採用責任者と良好な関係を築いている転職エージェントの後押しによって内定が決まることも十分にありえます。

 

まとめ

サラリーマン人生の中で最も力を発揮しやすい40代プロフェッショナルにとって、今の職場で正当に評価されていないことは屈辱以外のなにものでもありません。
このままモヤモヤしたサラリーマン生活を残り20年、30年と過ごすにはあまりに長すぎます。
あなたには本来もっと自分の力を出せる場があるはずです。
働く環境を変えれば、今までと同じ能力のはずなのに見違えるように力を発揮するケースも少なくありません。

 

私自身、年配者が多く年功序列で凝り固まった組織を飛び出した経験があります。
会社の規模は小さくなったもののUSCPA(米国公認会計士)の資格を活かして海外子会社とのやりとりに関わることができました。
今までやりたくてもなかなかチャンスがなくてモヤモヤしていた気持ちが一気に払拭され、自分でもイキイキしているのが感じられます。家族からも「前と変わったね、楽しそう」と会話も増えました。

 

もしあなたが今の職場でモヤモヤしているのであれば、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談してください。
きっとあなたのモヤモヤを断ち切る糸口を一緒になって考えてくれるはずです。
働く環境を変えると自分自身も変われることを知っておいてください。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事