Abitus_uscpa_reputation cost campaign_003
スポンサーリンク

USCPAキャリア戦略へようこそ

USCPA合格を目指すあなたにとってアビタスは最有力候補として検討したい予備校です。
その理由は、①受講者の7割が会計初心者で英語力に自信がない方でも最短9ヶ月で合格圏内を狙える学習カリキュラム、②追加費用なしで最大53単位も取得できる受講プログラム、③累計3,500名以上もの合格者を輩出している万全な受験サポート体制の3つです。

 

この記事ではアビタスの評判、受講費用、お得な割引情報といったあなたが気になる情報をギュッとまとめています。
USCPA大手予備校の中で事実上トップといっても過言ではないアビタスを詳しく知ることで、あなたは苦痛な予備校選びから解放され安心して最初の一歩を踏み出すことができるようになります。

 

あなたがUSCPAを目指そうと思ったのには何かしら「理由」があったはずですよね?

  • 今の仕事、職場でくすぶっていて、明るい未来が見えない
  • もっとお金を稼ぎ、周りの人よりワンランク上の生活を手にいれたい
  • 努力した結果、今より輝かしい未来を手に入れ、理想の妻、夫に出会いたい
  • グローバルプロフェッショナルとして泊をつけ、どこでも必要とされる専門知識を身につけたい
  • 仕事で英語力を活かしたり、憧れの海外勤務を実現するなど自分で人生を選択できる喜びを味わいたい

あなたがこのどれかにあてはまるのならUSCPAを最適な選択と言えます。
なぜなら、USCPAは収入に直結する昇進や転職、あるいは理想のキャリアに強力な力を発揮する資格だからです。
そしてアビタスはあなたの憧れを心強くサポートしてくれる最高のポートナーとなることでしょう。
あなたの熱い思いに応えるべく渾身の記事をどうぞお楽しみください。

 

最短9ヶ月で合格圏内を狙える講義、テキスト、学習アプリ

Abitus_uscpa_curriculum_001

アビタスのUSCPAコースカリキュラム全67回 188時間

 

アビタスは合格に直結したオリジナルテキストが秀逸なことで知られています。
USCPA合格に必要な論点及びその演習問題をギュッとまとめた最短9ヶ月で学習できるカリキュラムです。

 

他校では海外の有名なUSCPA受験指導校とコラボして成績優秀者をアピールしているところもあります。
しかし、アビタスは米国のUSCPA事業部門を買収し、自社で合格に必要なエッセンスを絞り込んだテキストを作成するほど力を入れています。
日本人のクセを反映したテキスト開発力はおそらくアビタスが一番強いと思います。

 

そもそもUSCPA試験は75点以上とれば同じ合格者です。
日本の公認会計士試験のような相対試験で成績上位を目指す必要はありません。
アビタスのテキストはオーバースペックを排除し、受講生のストレスを最小限に抑えつつ、合格に必要なエッセンスを凝縮したカリキュラム構成となっているのです。
実際、このアビタスのテキストを使用して累計3,500名もの方が合格している実績は安心材料ですね。

Abitus_uscpa_text_001

アビタスのテキスト全34冊

 

具体的にいうと、テキスト、講義動画、問題集がすべてリンクしているのです。
USCPA試験は膨大な試験範囲ゆえに反復演習が必須となります。
勉強が進んでいくと誰しも得意、不得意な分野が出てきますよね。
特定のトピックの論点とその設問には同じ番号が付与されているため、受講者はストレスなく論点と問題を行き来できるのです。

Abitus_uscpa_text_003

アビタスのオリジナル教材

 

他社のテキストも確認しましたが、テキスト、講義、問題集の3点すべてが設問の一問ずつレベルまでリンクしているのはアビタスだけでした。
実は各トピックの論点とその設問をマッチングさせるためには多くの労力を必要とします。
評判のよい洋書のUSCPA問題集であってもそこまでコストをかけて丁寧には作り込んでいません。
アビタスはその手間を惜しまずに受講生の利便性を追求したテキスト、テキストつくりをおこなっていることは大きなメリットです。
セミナーでは三輪代表がリンクの利便性を力説されていましたが、ご本人が受験時代に実際に苦労した経験があるからこそ分かる視点ですね。

Abitus_uscpa_text_006

アビタスのテキスト (MC問題とのリンクあり)

 

もう一点、他校を大きく引き離している点が電子テキストやMC問題演習アプリといった学習アプリの充実です。
実際に全4校のセミナーに参加しテキストや学習ツールも体験してみましたが、アビタスの学習アプリはダントツで首位を独走していると感じました。
インターネットが発達した現在ではスマホを活用したオンラインUSCPA学習が当たり前の時代です。
アビタスはスマホやタブレットでいつでもどこでも学習できる環境作りに力を注いでいます。

Abitus_uscpa_text_004

アビタスのeラーニング講義動画

 

たとえば、電子テキストにフリーハンドで書き込めたり、検索やメモ機能があったり、マーカーでハイライトできるなど紙媒体以上に高い利便性が手に入ります。
わざわざ分厚いテキストをカバンの中から取り出す代わりに、サッとポケットからスマホを取り出し、ほんの数クリックで学習が開始できる利便性は一度使うとやみつきですよ。
この電子テキストだけでもアビタスを選ぶ価値はあると思います。
このような受講生の利便性を考えた細かい配慮がアビタスが選ばれている理由の一つのようにも感じます。

Abitus_uscpa_text_007

アビタスの電子テキスト

 

MC問題演習アプリでは、シャッフルモード活用により正答の位置を暗記で答えてしまうリスクも防げます。
間違った問題だけ抽出できるため弱点克服にも有効です。
たとえば、得意な問題はストレスがないためつい何度も解きたくなりますよね。でもあなたが本当に攻略すべきは不得意な問題であるべきです。

 

自らの意思で苦手な問題に立ち向かうことはストレスがかかるものですが、アビタスの問題演習アプリを利用すれば悩むことなく簡単な設定のみであなたの弱点問題のみを表示してくれます。
まさに合格に直結した最短の学習方法ですよね。
すでに正解が導ける問題のみ繰り返し解き勉強した気分になっていたけど、実は弱点をつぶしきれずにいたというリスクを最小限に抑えることができます。

 

従来MC問題演習アプリはiOS端末のみ対応していましたが、2018年8月23日よりMC問題演習アプリのアンドロイド版も利用可能です。
全4科目、2,688問を収録しており、ネットに繋がらない環境でもオフラインで利用できます。
紙の問題集だと3回、4回と回すと答えの順番まで覚えてしまいがちですが、アプリならシャッフルモードで問題そのものに集中できます。
通勤時の地下鉄の車内でも片手でササッと復習できる手軽さは活用度大です。
アビタス受講生なら追加料金なしで誰でも利用できますよ。
参考までに、USCPAと相性のよいCIA(公認内部監査人)やCISA(公認情報システム監査人)講座の学習にも対応しています。

Abitus_uscpa_app_android_002

アビタスのMC問題アプリはios、アンドロイド両方対応

 

アビタスの受講生の7割は会計初心者という特徴があります。
つまり、英文会計をまったく知らなかった方の多くがアビタスを選んでおり、それだけ初心者に利用しやすいUSCPA予備校とも言えます。
また、グローバルに働いてみたいけど、今はまだ英語力に自信がないという方でも、アビタスは日本語及び英語の完全併記スタイルを採用し、1ユニット約20分で完結するため安心して学習を始められます。

Abitus_uscpa_text_005

アビタスの学習スタイル スモールユニット方式

 

ちなみにアビタス受講生の約15%は海外在住の方です。
eラーニングやWebツールを最大限に活用し日本在住の受講生と変わらない情報にアクセスできます。
テキストの海外発送も可能で約一週間程度で手元に届きます。
海外での資格勉強は大変だと思いますが同じアビタス受講生もひとり異国の地で奮闘していると思うと励みになりますね。
実際、私が仕事で出会ったUSCPAの一人はフランス駐在中にUSCPAを勉強し見事合格していました。

 

あまり宣伝していませんが、実はアビタスには中国語版のUSCPAテキストもあります。
在日中国人の方や留学生など中国語を母国語とする方はUSCPA大手予備校4校中、アビタス一択となります。
USCPAが会計分野で国際資格の最高峰として認知されており、国籍や男女の差なく活躍できるのは大きな魅力ですね。

Abitus_uscpa_text_002

アビタスのテキスト冊子

 

追加費用なしで最大53単位も取得できるのはアビタスだけ

Abitus_uscpa_text_008

アビタスのテキスト冊子

 

あなたがUSCPA出願州としてグアム、ワシントン州、あるいはモンタナ州を検討しているのであればアビタスは最有力候補となります。
理由は、受講料に含まれている最大取得単位可能数が53単位と大手USCPA予備校4校中もっとも多くお得だからです。

 

日本人に人気のある出願州の多くは必要単位が多いのが特徴で、USCPA予備校に入学したあとも追加で単位取得が必要なケースが多い中、アビタスの取得単位プログラムは費用面でも大きなメリットです。
取得する単位もカリフォルニア州立大学イーストベイ校という米国の大学単位のため、確実にUSCPA受験要件に必要な単位として認められます。

 

他に受講料込みで単位が取れる予備校としては大原がありますが、こちらは最大24単位とアビタスの半分以下しか取得できません。
しかも、大原の場合は学校法人大原学園という日本の単位取得扱いとなるため、別途NIES等の学歴評価機関へ申請し有効な単位として認めてもらう必要になります。
別途、学歴評価費用や審査の時間もかかるため、費用、時間ともにアビタスのほうがメリットが大きいと判断できます。
USCPA試験に出願するために受講料とは別に追加費用を払って単位を取得するのは金銭面においても精神的負担という点でも大きなデメリットです。

 

アビタスの単位取得試験は自宅のパソコンで受験できます。
わざわざ指定の受験会場まで赴く必要がないため、無駄な交通費や移動時間が節約できます。
さらに嬉しいのが単位取得試験の再受験料無料サポートです。
万一、単位取得試験で不合格になってもアビタス入会から2年間なら何回受けても再受験に追加費用は一切かかりません。

 

日本人受験生の多くが追加取得単位が必要な状況において、自宅で受験でき、しかも再受験無料であるメリットは絶大で、TACやプロアクティブ、大原といった他の大手USCPA予備校にはない強みでもあります。
受講料以外で追加コストがかからないという精神的負担軽減の恩恵は想像以上に大きいものですよ。

 

スポンサーリンク

USCPA合格者を量産しているアビタスならではの受験フルサポート体制

Abitus_uscpa_school building_001

アビタス八重洲校

 

アビタスのサポート体制はそれだけでも十分に受講料がペイできるほどメリットが大きいと感じます。
アビタスは一度入学時に受講料を支払ってしまえば追加費用が発生することなく5年間もフルサポートが受けられます。

 

たとえば、質問は無料かつ無制限、5年間利用可能な自習室、無料模擬試験、アビタス合格者によるマンツーマンのカウンセリング、合格者体験談や懇親会、学習カウンセラーによるパネルディスカッションなどがあります。
USCPA受験生の多くが最も大変だったと声をあげる「出願手続き」に関しても、アビタスでは豊富な案内マニュアル、説明会、ガイダンス、そしてマンツーマン指導により自分一人で悩むことは一切ありません。
アビタスはUSCPA試験実施機関であるAICPA(米国公認会計士協会)とも良好な関係を築いているため、USCPA試験制度に変更があった際も真っ先に情報を仕入れ受講生に伝えることができます。

Abitus_uscpa_aicpa talk_001

アビタスと、USCPA試験実施機関であるAICPA(米国公認会計士協会)のディスカッション

 

USCPA試験は米国の試験です。日本だと実施機関側のミスというのはほとんど考えなくてもいいと思いますが、米国では人的ミスやシステムエラーなど想定しないことが起こる確率が相対的に高い傾向があります。
私自身も出願時や受験時に個別に英語でのEメールでのやりとりを経験しています。
ただでさえ膨大な試験勉強で頭がいっぱいの時にそのような予期しないトラブルが発生した場合、母国語以外で対応するストレスはあなたを極限まで疲弊させます。
アビタス受講生であれば、そのような個別のトラブルに対してもマンツーマンでサポートし解決まで導いてくれます。これはいざという時に助かる保険のような大きなメリットです。

 

さらに合格後は人材紹介サービス、監査法人やグローバル企業等のキャリアイベント、コネクションミーティング、合格者パーティーなど強力な転職活動支援が充実しており、まるでMBAさながらの人脈を築くことも可能です。

 

USCPA合格に至るまでの期間は人によってまちまちです。
1年で合格する人もいれば数年かかる人もいるのがUSCPA試験です。
他校のように1発合格を大々的にアピールすることなく、諦めずに挑戦し続ける受講生にたいして5年間もの手厚い無料サポート体制があるのはなんとも心強いものです。
このUSCPA大手予備校4校中最も手厚いフルサポート体制こそが、累計3,500名以上もの合格者を輩出し、毎月合格者を量産している実力の証しとも言えます。

Abitus_uscpa_alumni_001

アビタスU.S.CPAプログラム卒業生パーティー

 

ここまでアビタスの強みについてまとめてきましたが、アビタスにも弱点はあります。
USCPA予備校検討者が最も気にするアビタスの弱点とはなにか次の章で確認しておきましょう。

 

USCPA受講検討者が押さえておきたいアビタスの弱点3つとは?

アビタスはUSCPA大手予備校の中でも筆頭にあげられますが、弱点もあります。
その弱点とは、予備校4校中最も受講料が高い、校舎が3箇所のみ、自習室が東京、大阪に限られている、の3つです。

受講料金が高い

アビタスの受講料に関して、フルパックコースは749,300円(税込)とUSCPA大手予備校4校中最も高い料金設定です。
USCPA大手予備校中、もっともリーズナブルな大原の受講料は587,000円であり、プラス173,100円となります。
価格重視の方や必要取得単位が少なくて済む方は他校も検討する必要があるかもしれません。

 

しかし、最も多い合格者を輩出しているアビタスの学習カリキュラム、追加費用なしで最大53単位取得できること、そして5年間ものフルサポート体制を考えると間違いなく価格以上の価値があると思います。
また、セミナー参加者には特典としてお得な割引優待もありますので、本気で入学を検討している方は参加してみてはいかがでしょうか。

 

校舎のエリアが限られている

アビタスの校舎に関しては、現在新宿、八重洲、大阪の3校のみで展開しています。
アビタスのライブ講義を受講したいと思っても、都心や大阪に住んでいない人にとっては受講しずらいことは弱みかもしれません。

ただし、USCPAは希少性の高い国際資格ゆえに公認会計士や簿記のように全国で受講できる体制を期待するのはそもそも無理があります。
実際、アビタス受講生の大半はeラーニングで受講し見事合格を勝ち取っていることからも、eラーニングとライブ講義に有利不利はありません。
もっとも、アビタスはeラーニング、ライブ講義どちらでも追加料金なしで受講できるため校舎に通える方であれば受講スタイルの選択肢は拡がるといえます。
実は執筆時点では大阪でライブ講義を受講できるのはUSCPA大手予備校4校の中でアビタスだけです。
関西にお住まいの方はアビタスが最有力候補となるでしょう。

 

利用できる自習室が少ない

アビタスの自習室に関しては、校舎と同様に新宿、八重洲、大阪の3箇所のみで利用できます。
TACや大原では全国の校舎の自習室が利用できることと比べると利便性は劣ります。
自習室をメインに受験勉強に取り組みたいが通える範囲にないと言う方は他校も検討する必要があります。

 

しかし人によっては、あの自習室の緊張感が苦手で、スタバやお気に入りのカフェで勉強するほうがリラックスして捗るという方もいます。
あなたのやりやすい受験勉強のスタイルを受講前にイメージしておくとよいかもしれません。
ちなみに、アビタス新宿校は15階にあるため窓からは東京のきらびやかな夜景が一望できます。
このモチベーションあがる学習環境がアビタス受講の決め手となった方もいるようです。
気になる方はぜひセミナーに参加し実際に体験してみてはいかがでしょうか。

 

次章ではUSCPA大手予備校で事実上トップともいえるアビタスについて受講料、キャンペーン情報、強み・弱みなどを詳細にまとめています。
他のサイトにも書かれていないポイントや視点を盛り込んであり読んで損はありませんよ。

 

USCPA予備校検討者が知りたいアビタスの詳細まとめ

アビタス受講検討者がぜひ押さえておきたい予備校の概要、受講料、講義・テキスト、サポート体制、キャンペーン情報、強み・弱みを詳細にまとめています。

アビタスの概要

Abitus_uscpa_title_011
※全2ページ(31項目)あります。「次へ」を押してください。

項目アビタスの内容
入学金+受講費用 (税込)564,300円~760,100円
講義時間188時間
講義回数67回
受講時間/回2時間半~3時間 *スピード再生可
教材オリジナル (日本語/英語)
テキスト形態冊子/電子テキスト/学習アプリ
最大取得単位数 (会計)29単位
最大取得単位数 (ビジネス)24単位
単位取得費用受講料に含む
単位認定試験オンライン (自宅PC)
サポート期間5年間
受講形態eラーニング/通学 *どちらも受講可
eラーニング受講形態スマホ/タブレット/PC
校舎新宿/八重洲/大阪
おすすめ出願州アラスカ州/モンタナ州/ワシントン州/グアム
無料単位診断サービス
単位取得大学カリフォルニア州立大学イーストベイ校
転職支援サービス
キャリアイベント
海外へ教材発送可 (約1週間)
受講検討手段資料請求/セミナー/個別カウンセリング/体験講義
自習室
ライセンスサポート有 (10,800円税込)
累計合格者数3,415名 (2018年6月現在)
受験手続きサポート
学習の質問回答Web/メール/教室
割引制度
教育訓練給付制度利用可 (最大10万円支給)
申込み方法Web/各校窓口
支払い方法現金/銀行振込/クレジットカード/ローン
クレジットカードVISA/MasterCard/JCB/American Express/Diners Club

 

アビタスの受講費用

Abitus_uscpa_title_012

項目アビタスの内容
コース名フルパックコース
入学金10,800円
受講費用(英文会計)受講費用に含む
受講費用(USCPAコース)749,300円
会計24単位受講費用に含む
ビジネス24単位受講費用に含む
諸費用受講費用に含む
総額760,100円
最安校(大原)との差額+173,100円
教育訓練給付制度利用可 (最大10万円支給)
キャンペーン

注1: すべて税込
注2: 最安校(大原)との差額は、会計24単位、ビジネス24単位取得を条件とした比較

アビタスの講義・テキスト

Abitus_uscpa_title_013

項目アビタス内容
講義時間188時間
講義回数67回
受講時間/回2時間半~3時間 *スピード再生可
テキストオリジナル (日本語/英語)
テキスト形態冊子/電子アプリ
特徴1スモールユニット方式で細切れで学習できる。 (1ユニット約20分)
特徴2テキスト、4択問題、演習がすべて学習アプリでスマホからも学習可。外出先でもWeb/オフラインで利用可
特徴3テキストと問題が全て紐付いているため、インプットとアウトプットがスムーズ
特徴4すべての問題に動画解説あり *すべて日本語訳あり
特徴52019年版試験対策対応済 *トランプ税制にも対応
一口コメントすべての教材に日本語訳があるのは安心材料。
学習アプリなど電子化対応が他社より一歩抜きんでている。

 

アビタスの受験サポート

Abitus_uscpa_title_014

項目アビタスの内容
サポート期間5年間無料
学習の質問回答Web(質問無制限)
メール
教室
受講生専用サイト
自習室利用
5年間
PCブースは2年間(更新可)
校舎新宿
八重洲
大阪
マンツーマン学習カウンセリング
受験手続きサポート
日本語による詳細ハンドブックあり
ライセンス取得手続きサポート
10,800円
合格体験談・交流会
転職支援サービス
キャリアイベント
定期的なコネクションミーティングあり
その他Wi-Fi完備
模擬試験無料
中国語版テキストあり
累計合格者数実績3,415名
(2018年6月現在)
20,000名の転職サポート実績

 

アビタスの割引・キャンペーン

Abitus_uscpa_title_015

アビタスの内容
資格割引
・会計士試験合格者
・税理士全科目合格者
・日商簿記1級
・BATIC700点以上
同時入会割引
単位既取得者割引
学生割引
紹介割引
セミナー特典クーポン

 

アビタスの特徴、強み、弱みまとめ

Abitus_uscpa_title_016

項目アビタスの内容
特徴1会計29単位、ビジネス24単位が追加費用不要で取得可
特徴21トピック平均20分で細切れ学習可。すべてのトピック、問題演習に日本語の動画解説あり
特徴3電子テキスト、学習アプリなどIT環境が充実。通勤、カフェでスマホ学習が可能
特徴4受験手続きマニュアルが充実し、フルサポート体制。試験に専念できる環境提供
特徴5合格後の人材紹介、キャリアイベントが充実。人脈作りが豊富
強み14校の中で、累計合格者数を公表しているのはアビタスだけ。毎月合格者を排出している。
(推定1位)
強み2会計29単位、ビジネス24単位が追加費用不要で取得可。4校中、最も多く単位取得可
強み3USCPAに特化した予備校で試験合格に必要な手続きを完全サポート。会計が初めて、英語力が低い方でも完全日本語対応で安心
弱み1フルパックコース受講料がコース単体では4校中、最も高い。
→ただし、必要単位取得数が多い方には最も有利。
弱み2ライブ講義が新宿、八重洲、大阪の3校のみ
弱み3自習室の利用エリアが東京、大阪に限られる。
一言でいうと、どんな人に向いている?・会計がはじめて、英語力が十分でない方で完全フルサポートを望む方
・必要取得単位数が多い方

 

アビタスの強み、弱み両面を詳細に確認し、セミナーにも参加しましたが、他校と比較しても受講者が求めているテキスト、受験サポート、転職支援どれも一歩先をいく印象を受けました。
累計合格者推定トップ校としての実力をひしひしと感じました。
受講の意思決定については慎重を期すため第三者の口コミや評判も参考にしておきたいところです。

 

アビタスの口コミ、評判

実際にアビタスを検討している方、もしくはアビタス受講生のツイッター情報をまとめました。
生の声を聞くとよりリアルにイメージでき、モチベーションも高まりますよね。
ツイッター内でアビタス情報を検索しましたが、アビタス受講生の発信が多いためかアビタス支持のコメントが多数見られました。

abitus_twitter_001

abitus_twitter_002

abitus_twitter_003

abitus_twitter_004

abitus_twitter_005

abitus_twitter_006

abitus_twitter_008

abitus_twitter_007

 

まとめ

Abitus_uscpa_brochure_001

アビタスのセミナー資料。お得な割引クーポン付きです。

 

もし、あなたがUSCPA予備校選びに迷っているのであればアビタスは間違いなく最有力候補だと断言できます。
受講料の高さは感じられるものの、追加費用なしで取得可能な単位数の多さやフルサポート体制、それに推定トップの合格者数を輩出していることを考えるとその価値は価格以上だと思います。
しかもアビタスには様々な割引やキャンペーンがあり賢くお得に申し込むチャンスがあります。
一定の条件を満たす社会人の方にとっては教育訓練給付制度を利用することで最大10万円も給付されます。
もはや受講料がネックという理由はなくなりますね。

 

あなたがUSCPA予備校を利用する目的はただ一つ、USCPAに合格することです。
できれば受講料を必要以上に気にすることより、あなたのUSCPA合格のために最大限にバックアップしてくれる予備校を選ぶほうが何倍も重要だと私は思います。

 

今すぐ資料請求することで、あなたの熱い思いは間違いなく一歩実現に近づきます。
さらにこの記事を読んで実際に校舎を見学してみたい、あるいは具体的にあなた自身のケースだとどれくらい費用がかかるのか知りたいのであれば、ぜひセミナーに申込みましょう。
セミナーでは、無料単位診断サービスが受けられます。
つまり、あなたが最終的にアビタスにいくら受講料として支払うべきかが確定します。

 

今なら、USCPA合格者も多く利用している丸善丸の内本店のベストセラー書籍「USCPA合格へのパスポート(1,080円税込)」も無料で手に入ります。
つまり、セミナーに参加するだけで、わざわざ1,080円を払ってUSCPAのベストセラー書籍を購入する必要がなくなるのです。
本著はいわゆるアビタスの宣伝本ではなく、「税務経理協会」という会計関係では名の知れた出版社が発行元でありUSCPAを目指す方なら一度は目を通すべき書籍です。

 

この本を読むことであなたのUSCPAに対する不安は払拭され、希望に満ちあふれることは間違いありません。
私はセミナーの帰りにそのままスタバに寄り、一気に読み切ってしましました。
USCPAを目指す人にとってはまさに必読書です。

アビタスでUSCPA合格を手に入れましょう。

USCPA book abitus_001

丸善丸の内本店のベストセラー書籍
「USCPA 米国公認会計士合格へのパスポート」

 

追伸

アビタスは会計を全く知らない、あるいは英語力に自信がない方でも合格者を多く輩出している学習プログラムが特徴です。
累計合格者3,500名以上という実績がその実力を示しています。
さらに合計53単位も追加費用なしで取得でき、かつ5年間の完全フルサポートと至り尽くせりな予備校はアビタスだけです。

 

もし、今ここで資料請求をしなかったり、セミナーに参加しなかったならば、あなたの未来は今のままずっと変わることはありません。
ワンランク上の生活を手に入れることも、理想の妻や夫に出会うことも、グローバルに働くことも、プロフェッショナルとしての泊もつけることはできません。
それでもあなたはこのまま明るい未来の見えない生活を続けることを選び続けるでしょうか。
USCPAを目指そうと思っているあなたでしたら、きっとこのようなぞっと身震いするような暗い未来は今すぐにでも葬り去りたいはずですよね。

 

資料請求や、セミナー参加は無料です。
つまり、あなたは財布を紐を緩めることなく、USCPA受験、そして合格後のビジョンについて情報を一気に得ることができます。
あなたに金銭的、精神的リスクは一切ありません。

 

今この時にも同じ志をもったUSCPA受講生は我先に受講をスタートし、ひと足先に合格に近づいています。
ぜひあなたもグローバル化の波に乗り遅れることなく、USCPA合格を勝ち取って輝かしい理想の未来を手に入れましょう。

大丈夫、あなたはきっと合格します!応援しています。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事